「終わりの始まり」―― 音楽業界の2007年と2008年 - くだらない踊り方

業界に漂う死相感が実にリアルに反映されてる現場からの声。

メジャーもマイノリティも一度淘汰されて業界がさら地になるのだとしたらメジャーは開き直れるかもしれないし、マイノリティはメジャーと同じ土俵に立てるかもしれないってので、クリエイティブな視点でみればおもろい状況かも。

ただし、それは現場サイドのおはなし。

アーティストサイドから見たら正直きついんじゃねーの?

http://d.hatena.ne.jp/rmxtori/20071230/p1

LOADING