御柱祭に行ってきた

長野県は諏訪の奇祭「御柱祭」に行って参りました。木落しの儀式を体感してきた訳ですが、行く前は「良い大人がはしゃいでいるところを見たい」「木がズドーンと滑り落ちる様を見たい」というぐらいの気楽なものでしたが、実際見たらまあ凄い。恐怖映画を生で体験したような、凄まじい祭でした。

例えて言うなら「クローバーフィールド」みたいな、もしくは「ウィッカーマン」のあの巨人の牢獄がそびえ立ったような…。威圧感のある大木が大きな二本の角を携えているのですが、そこに良い大人がワラワラと乗ってはしゃいでいる様は、僕が行く前に想像していた以上の「はしゃぎっぷり」に「巨大っぷり」。興奮状態に包まれた異様な光景が、坂の向こうから見えてきた時の衝撃は未だに忘れられない。

思えば、丸太を引きずり回す…という信じられない程野卑な儀式。こんな狂った祭が未だに残っている事に尊いものを感じざるを得ません。貶しているように見えますがそんな意思はまるで無い!関東にいるなら一度、見た方が良い(一本4500円もする桟敷席ではなく、坂の真下でね!)。

地元の人(…妻の実家)という利を活かした位置から撮影してみました、俺の動画。直前までDVを回していたのに、肝心の落ちる段になって電池が切れ、あえなくiPhoneでの撮影となってしまいました事を、私も大変残念に感じております。

LOADING