ITmedia +D Games:これからのゲームに求めるものは?

一番獲得したのは「引き込まれるストーリー」で全体の34%。日本人のゲーマーが特にRPGを好み、物語性を重視していると言われているが、その傾向を色濃く反映した結果となった。

にわかには信じ難いが、そういう事なのかなあ…。いや、やっぱにわかには信じ難い。所謂「ストーリー」がゲームの中で比重を軽くしている現在、それが故にゲームは売れなくなっているのと言うのだろうか…?そうは思えないんですよね。

そもそもゲームに「ストーリー」が必要だなんて前提はどこにも無く、コンシューマで言えばSFC後期から「映画超え」を目指して、重厚なテーマを扱った作品が雨後の筍のように出て来ていたが(FF4〜6エピゴーネンとでも呼ぼうか)、「引き込まれるストーリーを!」なんてシュプレヒコール上げる群衆(なんて、勝手に想像しましたが)はその当時のノスタルジーを引きずっているとしか思えない。

勿論、ゲームがプレイヤーにとって忘れ難い、貴重な体験として心に刻まれる過程において、「ストーリー」は非常に重要な要素ではある。しかし、全てはバランスである。「ストーリー」が素晴らしいとされているFF4は、僕にとって単調なRPGでしかなかったし(数回プレイを試みたが、序盤のあまりの単調さに、継続がままならなかった)、逆にストーリーがあまりにダメでプレイを断念したソフトも山ほどある(スーパーマリオストーリーとか…)。「ストーリー」関係なく、ただただ面白いソフトもそれ以上にある(Wiiスポーツに、ピクロスに、「ストーリー」などあったか?)。

という風に個人的には感じているので、このアンケート結果には違和感を感じるし、ライターの締めの言葉なんて、ゲームを知らない人間の血迷い言としか思えん。

http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/07...

LOADING