LinQ - 「きもち」のメロディーと低音が気持ちいい件(30秒から聴いてね)

はい。この間の宇多丸のラジオで紹介された福岡を拠点に活動する女性アイドルのローカルグループ「LinQ」。

グループ名のLinQは"Love in 九州"からの造語であり、またアイドル活動を通じて様々なものを"リンク"するという意味も込められている。
2011年4月17日にイムズホールで行われた、初公演の出演メンバーは応募総数1162名のオーディションから選出された33名。

なんだって。俺はこういういわゆる「SOYANA」方式の(俺しか言ってないけど)多人数アイドルグループは全然ピンとこないし、もうアイドルの「先鋭加減」とか「意味」を読み解く気持ちはなくなってしまったんだけど、この曲すごく気持ちよかった。最初の30秒聴いて「はいはい取り入れ系ですね」ってたかをくくっていたら、やられた。

まあR&B的なつくりで、ラップ的といえばそうかもしれない語り部分もあるけど、フィルインのサンプリング感もいいんだけど、そういうのは最近おなかいっぱいだからさ、もうとにかくメロディーと低音が気持ちいいじゃない!俺はこの曲好きだよ。

一番気に入ったのは短いホーンをディレイで飛ばすところ。mid-90'sマナー、イエーイ。

余談。ラジオで紹介されたのは元バスガイドの経歴を持つメンバー、深瀬智聖さんがで日本語ヒップホップ大好きでツイッターに「ぶんぶんばー(ソウルスクリーム「蜂と蝶」の一節)」とつぶやいたのがきっかけなんだって。んで、実際に取材に行って好きな日本語ラップを尋ねたら5位がオジロの「AREA AREA」だとか。ここで「鎮座」とか「ERA」とか言われてもへーって思うだけなんだけど、絶妙な匙加減でグッときました。「Do the GARYA thing」が一番ガリヤさんらしくって、の名言もあり。拝見したらかわいかった。

http://www.loveinq.com/profile/%E6%B7%B1%E7%...

LOADING