ハナレグミ - "眠りの森" - 松本隆NOW (歌詞付き)

詞と曲と声が同時優勝なとても稀な曲。

ハナレグミがNHKのトップランナー出た時「自分の声をどう思いますか?」と問われて「好きです。。。イッチャッタ!」と答えてたのが印象に残ってます。「だよなー」って。

歌詞なんですが、まあ、2行目から確実に殺しに来てるよね、松本隆が。

―眠りの森― 
まどろんでるよ ぼくの手を枕に
痺れた手を1ミリずつそっと引き抜く
息が漏れるくちびるが可愛い
目覚めてると憎まれ口ばかりだけどね
自分の生き方貫く君は そう時には
ぼくの魂を無意識のうちに 破くこともあるんだ
でもこうして眠りの森へ 彷徨う君はとても無防備
小舟に横たわってる 妖精のように. . .
流星雨の音が響いている
出逢った頃 距離なんてなかった
近づくほど遠のいてゆく君を感じた
負けず嫌いがね 二人もいると もう疲れる
弱さを見せあい かばいあえた時
それを愛と言うんだ
ほら寝言で何か言ってる 聞き取れなくて耳をすました
上下をする胸の線 たまらなく愛しい
流星雨の音が響いている
でもこうして眠りの森へ 彷徨う君はとても無防備
等身大の無邪気さ ほんとの君がここにいたんだ
小舟に横たわってる 妖精のように. . .
流星雨の音が響いている

LOADING