YouTube - 2009年08月11日 緊急地震速報(の速報)

たまたま起きていたんで揺れも(東京:震度4)ニュースも見ていましたが、ここで取り上げたいのはここ数年のネット環境、つまり動画等の大きいサイズのファイルを配信、共有するという環境が、単なる面白コンテンツには止まらずにもっと優れたものであるという実感を確信する出来事でもありました。

これを何でTVで撮ってたのかは分かりませんが、おそらく直にPCに取り込める環境であったと同時に、直にyoutubeにアップまでしてしまう(地震発生の僅か2時間以内)素早さ。ニートだとしてもこれをUPしただけで生きてる価値大。さらにこの番組(NNK:東京)で速報を出した直後に揺れが起こる"緊急地震速報"事態の進歩も見てとれます。アナウンサーの一瞬の驚きの表情。1995年の阪神から技術の進歩、動画というコンテンツ自体の進歩、色々なことを数時間で実感した出来事でした。

参照:阪神大震災の時の第一報

LOADING