勝手にブログ評論

勝手にブログ評論などといっておりますが、想像以上に勝手です。URLをぽちっとポストするだけなので、不安な方はご自身の責任において止めてください。僕のブログはこんな感じだそうです。

ありとあらゆる事実が、デニーズの必要性を裏付けている。
総合得点 10点

敗者復活のようであるとも言える。それは超高速バトルカードヒーローなのだと言える。メルローの渋味を楽しめるようになるには、意気揚々というワインをじっくり熟成させなければならない。出来レースが欲しいなどというのは、要するに、田舎っぺなのだ。皮肉なものだ。私なら、プレイ出来ちに生涯を捧げるだろう。あと10年若ければ。

もう隠す必要はない。作者の人柄がロボットという表現ににじみ出ている。少なくともコンディションはあって欲しい。どうだろう。アゴーレーは必要ないだろうか。一度でも k.n.ポッドキャストの魅力に取り付かれた事のある者ならば、誰もが4トラックの気持ちを共感できる。、これが例として相応しいかは解らないが、作者の 10年目に賭ける情熱は、シャーロック・ホームズに勝るとも劣らないようだ。こいつはどうしたことか。まさか今後本気が後々開陳になってしまうとは。愛しているわけだ。スタジオを。オーストリアは偉大な芸術家と、忌むべき独裁者と、立ち上げを産んだ。匂い立つ美女、というのが居るように、匂い立つパソコンというものがある。注意点としては、必ずオランダ製のチュートリアルを使う事。できればアムステルダムのものがいい。時にはペイズリー柄の滅茶苦茶上手も悪くない。かけがいのないものはひとつのレッテル。けれども人はかけがいのないビックリをもっと沢山喪っている。ボリビアの民族はモンローを大事にするという。作者はここで愛を説くが、愛などそうそう簡単に語られてはたまらないのだ。サンドウィッチマンはあきれるほどエモーショナルだ。スイスの高原で極上のチーズとよく熟成された来年以降を頂くのはたまらない。時にはギリシアの砂浜でキングコングを愛でるのもいい。それほどまでにサンドウィッチマンなのである。どうだろう。+顔+声量もそうだ。

本質的に「プレイヤー」的視点と「10年目」的視点は相容れない。

http://onosendai.jp/hyoron/hyoron.php

LOADING