どう考えたってclose to you史上最高のclose to you、細野晴臣カバー

20世紀のアメリカを代表する作曲家バート・バカラックの世界を、ジム・オルークと11人のボーカリストが解き明かすアルバム「All Kinds of People ~Love Burt Bacharach~ produced by Jim O'Rourke」が4月7日にリリースされることになった。

1999年の代表作「Eureka」でバート・バカラックの「Something Big」を完コピしていることでも知られるジム・オルーク。その「Eureka」以来11年ぶりのボーカルアルバムとなる本作は、2008年秋から2010年1月までの長期間にわたる東京とアメリカでのレコーディングを経て完成した。

本作には国内から、細野晴臣、やくしまるえつこ(相対性理論、TUTU HELVETICAほか)、坂田明、中原昌也、青山陽一、カヒミ・カリィ、小坂忠、小池光子(ビューティフルハミングバード)、Yoshimi(BOREDOMS、OOIOO)といった豪華ゲストが集結。アメリカからもサーストン・ムーア(SONIC YOUTH)、グレン・コッチェ(WILCO)、そしてバカラックが絶大な信頼を寄せるシンガー、ドナ・テイラーが参加している。中原昌也やYoshimiといったアバンギャルド系のアーティストも、ここでは普段とは異なったポップス歌手としての魅力を開花させており要注目だ。
ジム・オルークはボーカルのほか、ギターやバンジョー、キーボード、ベース、ハープシコードなどさまざまな楽器を演奏し、さらに編集やミックスも自ら担当。彼が持つポップスのプロデューサーとしての才能がすべて注ぎ込まれた渾身の1枚となっている。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AA%E3%83%BC%E...~%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF~%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%AF-%E3%82%B8%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%AF/dp/B0036YCCXU

なんだそうですけど、俺はどーにもカーペンターズが得意ではなくて、でもこれはちょっと考えられない。ちょっと考えられないくらい良い。

LOADING