お笑い批評問題が、知らないうちに変な展開 from みんなの予想を超えて@はてな

最近、昨日の風が変に攻撃的な感じだなあと訝しがっていたら、こんな事になっていたのか…。地味にd.hatena.ne.jp経由のアクセスが途絶えねえなあとか思っていたら。良く分からない、ブクマコメント上のいざこざだと思っていてスルーしていたんですが、なるほど。奇跡が起こって、このリスト末尾の僕にもメッセージが届きました。ありがとうございます。

http://d.hatena.ne.jp/Sugaya/20070526/118017...
(NOT FOUND?演芸雑想ノート?)

離反、暴言、云々はイマイチ真偽の程が正確に掴めないので置いておいて、本論に関して再度拙論述べさせていただくのならば、先に書いたことにほぼ相違なく、起こった事実は単なる芸人の一瞬の軽口で、放送された映像の後ろ側には大量のコンテクストがあって、一概には善い悪いの判断はできないのだろうけれども、この発言が「あった」「テレビで放映された」、という事実は「じめっと」語り継がれてしまうんだろうなあ、ということで、付け加えて言うならばそんな状況は凄く不幸な事だなあ、と思っています。

今回のいざこざも同様に(というかもろブーメランっすね)、不幸な無理解や不幸な説明不足や不幸なコミュニケーション不全をこじらせてしまった件として理解しているのですが、ネット言論界隈ではそうした不幸が積み重なると、「批評問題」よりももっと広義な「コミュニケーション問題」が疾患のように蔓延するものなんだぞ…と自戒の念を込めてここに記しておきたいと思います。

つーか、そんなことよりも、前回コメント欄にありますように、「お笑い批評問題について大声で語ろうとしたその背後に、当の品川さんがいらっしゃった」という不必要な奇跡について皆さんスルーされているのが、僕には不愉快ですよ!(←これがオチ!笑)

http://d.hatena.ne.jp/shindou/20070528

LOADING