太一とATMのゲーム膨満感:第3回「世界観」

ジーニアス朝日太一と、drawing4-5のMCATMによる、ゲーム談義第3回!今回でとりあえず一区切り、次回からはテーマ別に話します。(第一回はこちら、第二回はこちら

ドラクエとルールが違う

[[太一]]: FF13はおいておいて、FF8に関しては僕はなかなか高評価なんですよ。RPGらしい作品だと思った。ストーリー以外ね。


[[MCATM]]: あれも、惜しいゲームらしいね。知ってる。

[[太一]]: たださ、惜しいゲームという言葉ってさ。FF8のこととは言わないけれど、「[[[遊んでいる人が理解できなかったゲーム]]]」みたいに言うことあるじゃない。

[[MCATM]]: うん。まさにその意味で言った。

[[太一]]: その理解がさ。最近はあまりに似通ってないと理解できないんではないかと。昔の話だと、ヘラクレスの栄光に文句がきたんだよね。「[[[ドラクエとルールが違う!]]]」って

[[MCATM]]: あー[[[モンスターコンシュマーだ]]](笑。

[[太一]]: 昔はそれが笑い話だったとおもうんだが、今はドラクエとルールが違ってはいけない世の中なのではないかとも思う。カードヒーローってエンディングまでがチュートリアルみたいなものじゃん。

[[MCATM]]: そうだねー。

[[太一]]: きっと新しいルールやらつくるためにはそこまで親切にしないといけないんだよ。今は。

[[MCATM]]: それは、推測でしょ?本当かもしれないけど。

[[太一]]: うん、推測。カードヒーローならひとまずエンディングみて安心してやめても、それから「ルール覚えたぞー!」ってスタートしてもいいわけで。懐広い感じだから、チュートリアルが長くても許すけれどね。

[[MCATM]]: そうだねー、そういうゲームだね。対戦が本番だから。

[[太一]]: でも今のRPGって、用意したイベントほとんど消化させてのエンディングだから、エンディング以後がないゲームが多いよね。国産RPGは。エンディングみたら「元取った!」みたいな風潮だと、本当にそこまで冒険できない。長時間遊ばせなくちゃいけない。エンディングまでいかせなくちゃいけない。ってのが本当に国産RPGの難点だよねー。

[[MCATM]]: いや、お決まりの裏ダンジョンがあるよ。

[[太一]]: 裏ダンジョンって(笑!そんなの[[[ただの没データ並ジャン]]]。

[[MCATM]]: もうさあ、裏ダンジョンまで含めて一本だからさあ。裏ダンジョン無いと、物足りない感じなの。俺だって物足りなく思うもの。

[[太一]]: でも裏ダンジョンってただのダンジョンでしょ(笑)。

[[MCATM]]: うん。

[[太一]]: それっておかしいよねー。

[[MCATM]]: もう、[[[世界は平和]]]なんだよね。巨悪が倒される直前まで巻き戻る系のやつもあるけど。

<h3>世界が救われない物語</h3>

[[太一]]: 世界が平和になるっていうのもすごいよね。だんだんキーワードが見えてきたぞー。

[[MCATM]]: お!

[[太一]]: ウィズとか平和にならないよ!クリアしても。

[[MCATM]]: ならないね。

[[太一]]: ウルティマもそうだよ!クリアしても平和にはならない。

[[MCATM]]: その際の「世界」って、凄く大きいよね。でも、今言ったような、[[[エンディングで平和になってしまう類のRPGの世界って、物凄く狭い]]]。

[[太一]]: 洋ゲーだと国や一地域の話とかが多いじゃん。国産はやっぱり世界の話なんだ!

[[MCATM]]: 世界地図広げて、完全制覇するからさあ。[[[裏世界とかまで]]]!

[[太一]]: 裏世界って!言葉だけみるといやらしいわー。

[[MCATM]]: ははは。そう、おっぱいだらけの世界。

[[太一]]: そうそう![[[おっぱい入れすぎてブルーレイじゃ容量たりません!って]]]。

[[MCATM]]: ははは!!!![[[小島監督、まじっすか!?]]](注:マジではないみたいです。大丈夫、ブルーレイなら、おっぱいいっぱい入るよ!)

[[太一]]: 「世界観」。「世界を救う」。やっぱりよっぽど「世界」なんだよ!

[[MCATM]]: スケールでかいもんね。世界。

[[太一]]: さっきちょっと名前のでたオブリビオン。

[[MCATM]]: うん

[[太一]]: あれって1つの地域の話なんだよね。だからマップ狭い。といってもむちゃくちゃ広いんだけれど。

[[MCATM]]: [[[世界の広大さに対してちっぽけなんだよ、自分が]]]。

[[太一]]: そこなんだよ。自分はちっぽけで当然なのよ。昔のFF、ドラクエとかは世界は広いけれど縮尺がおかしくてマップは狭い。

[[MCATM]]: [[[あれは一種の発明だけどね]]]。オブリビオンに関して言えば、俺、まだクリアしてないんだけど、[[[俺ではこの危機は救えないなって思うよ]]]。無理無理。

[[太一]]: そこがいいよね。この危機は救えないって思っても、なんかいろんな人と出会って…。僕もオブリビオンゲートまだ1個解放しただけ。

[[MCATM]]: オブリビオンゲートさー。俺も結構強くなったから、何度も解放してたのよ。それで、「いやー思えば遠くへ来たもんだ」とか思って、記録見たら、[[[まだ4つしか解放してなかった]]]!

[[太一]]: (笑)僕だって「もうクリア寸前かな?」って見たら1つしか開放してなかった![[[錬金術のスキルは100になってるのに!]]]

[[MCATM]]: 俺、あのゲーム、ライフワークにしていこうと思ってるから。もう、裏ダンジョンとか、そういう次元じゃないの。

[[太一]]: だよね。
またウルティマで悪いけれど、ウルティマ6と7はそもそもダンジョンはいっぱいあるけれど行く必要がないんだよ。

[[MCATM]]: オブリと一緒!でも、俺、そもそもなんでみんなそういうシステムにしないんだろうって思ってるよ。

[[太一]]: でもウルティマの例もあるわけで、難しいシステムなわけじゃないのよね。ついでに[[[最強の武器はスタート地点近くの木の上に隠してある]]]。だから、知っていればスタートして5分で最強。

[[MCATM]]: それも凄いなあ。ハイドライド2も、最強の武器が近所の塔の上にあった。

[[太一]]: ハイドライド3ね。

[[MCATM]]: 3だっけ?いや、2もそうだったはず。

[[太一]]: ハイドライド2には塔はないよ。地下にもぐる話だから。古い話で失礼(笑)

[[MCATM]]: いやいややっぱりあるよ。ハイドライド2は塔の上に光の剣があるのよ。

[[太一]]: うそ?!持ってたけれど知らなかった!持ってたけれどクリアしてないから(笑)

[[MCATM]]: あー、でも地下に潜る話ってのは合ってるな!俺は逆に、地下までいけなかったんだ!

[[太一]]: どういうこと!最強の武器もってるのに!

[[MCATM]]: いや、謎が解けなかったんじゃないかなあ。

[[太一]]: 本当に謎異常だったよね。当時のPCRPGに比べれば、たけしの挑戦状も高難易度ではないかも。
で、世界の話に戻ると。

[[MCATM]]: うん。

[[太一]]: 風呂敷広げすぎなのよ。国産RPGが。各ゲームで世界を救う。だからそれぞれの世界の違いをアピールするために、[[[変な言葉いっぱい使う]]]。

[[MCATM]]: 何個も何個も世界を作らなければならないって話だ。オブリビオンなら、エルダースクロールシリーズ通して、世界はひとつだもんね。

[[太一]]: そう。世界はひとつだよね。エルダースクロール。でも別に全部やらなくてもきちんと楽しめる。

[[MCATM]]: 書物とかから、少しずつ世界の全貌がわかってくるんだよね。

[[太一]]: 実際生きるときにも別に「政治家の黒いうわさ」とかは必要ない。でも知ると世界観を楽しめる…みたいなバランスでゲームができてるよねー。エルダースクロールもマイト&マジックも。

[[MCATM]]: そうそう。でも、毎回あの世界観を一から作り上げるのは大変だと思うんだ。

[[太一]]: 正直好き嫌いはあると思うけれど、「リンダキューブ」と「俺の屍を超えてゆけ」は風呂敷がしっかりしていた。ああいう世界観を作るのは大変だけれど、国産でも実際つくられてるよ!みんながんばれ!

[[MCATM]]: きちんと、[[[世界が救われない物語]]]を、シニシズムではないところで描いて欲しいなあと思います。

[[太一]]: そうだね!
そういえば、オブリビオンの前の作品で、気持ち悪いモンスターがいたから倒したら、それは[[[街の収入源になっているモンスターだった]]]ってわかってさー。ものすごく困ったときがあったのよ(笑。別に倒しても悪気はないから街の人は優しいんだけれど、なんとなく[[[その街に行きたくなくなって]]] (笑。

[[MCATM]]: あーそういうのあるよねー。俺も、オブリビオンで行きたくない街とかある!

[[太一]]: そういうのも楽しいんだって!

LOADING