Post

すごいね、暑さ。6月でこれ?久しぶりにまとまった時間が取れたので、午後に集中して作業してたら、18時ぐらいに気絶しそうになるぐらいの睡魔に襲われ、「OK Google、タイマーじゅっぷん」なんつって居間に倒れ込んだ。自室のむすこが出てきたと思ったら、頬にべったりと印を付けていたので、こいつも寝てたんだなと察する、など。

最近出たタワーディフェンスの出来が良いので、実は今までプレイしたことなかった『メタルスラッグ』をプレイしてみた。素晴らしい。名作。ドット絵の座りが良すぎて惚れ惚れしてしまう。ワンピースも遂に104巻まで来た。

堀禎一『夏の娘たち~ひめごと~』をU-Nextで観る。虹釜さんが音楽担当なのでいつか観たいと思っていた一本。現在の日本インディーズ映画界を賑わすスター俳優が大量に参加していて高ぶる。『岬の兄妹』の松浦祐也さんと和田光沙さんとか、『激怒』の川瀬陽太さんとか。その一方で、俺は未だに西山真来さんの良さが分かっていない。

禁断の男女関係を軸に物語が進むのだが、どうしても中心を迂回するような形で時が過ぎてゆくので、なんとなく時間も空間もいびつなものに見えてしまうのが良い。例えば「ナラティブ神経」のようなものがあるのなら、結果、それが研ぎ澄まされてしまったせいで、田舎の葬式に集まった人たちの何気ない再会話や、突然始まる三味線、カジカ採り、Tバックでビールを飲んだり、枝豆を茹でる所作にハッとする、みたいな事態に陥る。ただ、義理の弟である裕之のあまりに酷い行動に何の理由もなく、純然たるヤバい奴でしかないのが辛かった。惚れた腫れたの話なのに、その数少ない登場人物の一人の行動倫理に全く納得できないというのはなかなか厳しいものがある。

MCATM

もっと読む