ЖЛЪЧ - ВЯРА

Bandcamp Dailyの「Eight Artists Redefining Bulgarian Music」っていうブルガリア音楽の特集で知ったんだけど、ЖЛЪЧってラッパーヤバいね。

ブルガリアのソフィアを拠点に活動するSo Called Crewで活動しているMatyu Stoyanovが、ЖЛЪЧという名義で活動し始めたのは2010年。元々は英語でラップしてたらしいんだけど、すぐにブルガリア語に。もう、ブルガリア語のラップシーンなんて想像もつかないし、何言ってるのかも全くわからない…。「ЖЛЪЧ」は、日本語で「胆汁」のことらしいので、最っっっ悪っすね!

https://jlucezar.bandcamp.com/album/--2

トラップっぽいトラックもあったり、アルバム通しで聴くと割とバリエーションに富んでるんだけど、Григовор(Grigovor)っていうラッパーとやってる「Ред(注文)」とか、サンプリング使ったスモーキーなやつが好み。フロウもなんか投げやりで、早口なのにダルくて最高だな。

「Bandcamp Daily」毎日更新を楽しみにしてるんだけど、ブックマークする機能も「Like」する機能もないので、良い特集あったら記していこうと思う。

MCATM

Arrrepentimiento / drawing4-5 / pelepopの主犯。

https://twitter.com/mcatm

LOADING