Olivier Assayas『Noise』、映画それ自体はイマ...

Olivier Assayas『Noise』、映画それ自体はイマイチだったんだけど、Metricのパフォーマンスが圧倒的に素晴らしかった。初めて聴いたと思ってたんだけど、『スコット・ピルグリム』でブリー・ラーソンが所属していたClash at Demonheadの楽曲は彼女らによるものだったんすね。

MCATM

Arrrepentimiento / drawing4-5 / pelepopの主犯。

https://twitter.com/mcatm