Post

久々に実装が追いつかずに、映画も観れない日。マジで久しぶり。短編だけでも観て寝ようかな…。

『ゴールドボーイ』に感銘を受けたので、昼飯時に中華ドラマ版『バッドキッズ 隠秘之罪』を観始める。連続ドラマなので、当然より描写が細かくなるんだろうな、と思ってはいたんだけど、一話目で描かれるのは映画版の冒頭五分ぐらいの部分だけで、後半サラッと説明された背景描写、人物描写にかなりの時間が費やされている。それどころではなく、映画版ではかなり意図的な改変が行われていたことがはっきりした。東昇は大企業の会長の娘婿ではなく、ただの非常勤教員だったり、主人公の父親がクラスの女の子の母親と再婚している、みたいな描写もなく、もう別物として観たほうが良いかもしれない。別物として、面白い可能性も高い。ケレン味は大分後退して、リアルかつ地味な描写が続くのは好みの分かれるところかなと思う。映画版は、かなり周到に物語を取捨選択したことが伺えて、改めて完成度の高さに驚きを隠せなかった。

もっと読む