82年生まれ、キム・ジヨン

1982年の韓国に女性として生まれたキム・ジヨン氏が、淡々と発狂するという態度で社会に抵抗する姿が描き出される。その結末に至る軌跡を追った物語。「女性であること」で、社会がどのように彼女を追い詰めたのかが、ルポルタージュのような冷徹な目線で描かれていく。

ただ記録されている事実と、キム・ジヨンの身に降りかかる理不尽をぼんやりと追っていった自分にとって、鈍器で殴りつけられたような鈍い痛みを伴う救いのないラストにも驚かされたが、その後の日本版解説に書かれた指摘に驚愕し、芯から寒からしめた(これは直接読んでください。俺はほとんどホラーだと思った)。文学的な完成度以上に、事実と、それを淡々と記録しようとする意識が興味深い作品だと思う。

https://amzn.to/3fCYXBB

映画版は、俺達のチョン・ユミと俺達のコン・ユ主演なので、超高ぶってる。小説版のその後を描いた話とのことで、すごく楽しみです。

    MCATM

    Arrrepentimiento / drawing4-5 / pelepopの主犯。

    https://twitter.com/mcatm

    LOADING